結婚披露宴に関する記事のサイトです

結婚披露宴画像

結婚披露宴で気をつけたい忌み言葉

親戚や友人または知人などを招く結婚披露宴では忌み言葉に注意することがポイントです。
忌み言葉には「別れる」や「切れる」、「終わる」、「離れる」、「出る」、「戻る」、「割れる」、「破れる」、「壊れる」、「飽きる」、「苦しい」、「病む」、「死ぬ」などの離婚や別れを想像させる直接的な言葉以外にも、「かさねがさね」や「ふたたび」、「くれぐれも」や「ほどける」などに気をつけましょう。
スピーチを行う際には事前に文章を熟読した上で、ふさわしくない言葉は無いのか、複数人の目でチェックすることが望ましいでしょう。
また、いわゆる放送禁止用語や下ネタ関係も避けた方が無難です。
要するに普段の会話内容を若干上品に言い換えることが良いのではないでしょうか。
また多少、敬語を言い間違う位ならば愛嬌で済まされますが、内容はしっかりと吟味することが大切です。
聞く側が楽しい話や興味を持てる話あるいはポジティブな気分になる話、ちょっとした味のある話などを話すことが良いのではないでしょうか。
本来、記憶や記録に残るパーティであり、最近では映像化されることも決して珍しくはなくなってきました。
状況に応じた言動を取ることが望ましいでしょう。
結婚披露宴では、新郎新婦という繋がりを持つ普段会話をするきっかけのない人同士が会話をする機会があります。
初対面の相手も数多くいることでしょう。
会話を行う際には、忌み言葉に配慮することと、場にふさわしい内容の会話を行うことが大切です。
基本的には「新郎新婦の名前は絶対に間違わないこと」が必要です。
特に片方とのみ親交が深かった場合や、読み間違いの多い名前である場合には要注意です。
うっかり間違って憶えていたというパターンもよくあるため、本人や友人などに事前にチェックしておくことが望ましいでしょう。
また、新郎新婦と長いつきあいであれば、色々と新郎新婦に関するエピソードを持っていることでしょう。
聞いた人から良い笑いを誘える楽しい内容や、思わず涙が出そうな感動的な内容、他人の共感を得られる内容などを選び、祝辞の趣旨を外さずに前向きな話題を選ぶことが大切です。
また、スピーチ時に歌を歌うことがありますが、事前に新郎新婦へ選曲について意向を伺うことが望ましいでしょう。
また、新郎新婦以外にも年長者の意見を参考にすることが良いでしょう。
結婚披露宴は記念や記録として残ります。
今後も長い交流を考えているのであればふさわしい言動をとりたいものです。
謝辞の書き方などはhttp://love.bambina.jp/syukuzi.htmlを参考にしてください。