結婚披露宴に関する記事のサイトです

結婚披露宴画像

結婚披露宴を開くことの別の意味

最近の夫婦というのは結婚して籍を入れても結婚披露宴をしないという選択をする人が増えています。
新婚旅行に行かないという人も多いですし、日常の中で2人で入籍だけを済ませて終わりという夫婦が非常に多いのです。
勿論それ自体は悪いことでもありませんし、責める理由もありません。
しかしそういう風に沢山の人に見られて結婚披露宴を挙げていない人の離婚率が高いのは事実です。
結婚披露宴を挙げていないことと、離婚率とがどう関係するのかははっきり分かっていないそうですが、事実としてその数字がある以上、何かしら関係していると考えるのが自然ではないでしょうか。
そこで言われているのが、大勢の人の前で愛を誓い合うという事が、夫婦の危機のときに効力を発揮するという事です。 花嫁に人気の結婚披露宴についてこちらのサイトの載っています。

恋愛関係から夫婦に発展し、家族になり親になっていく中でも、元々は育った環境も価値観も違う二人です。
夫婦になってある程度相手を思いやる気持ちや相手に合わせる2人のちょうどいい距離が出来上がったとしても、小さなことで揉めることはあるでしょうし、あって当然です。
そしてそれが積み重なって大きな夫婦の問題になった時、離婚を引き止めるのが結婚披露宴をしたことだというのです。
会社の上司やお互いの親族、それに友達たちに見守られて愛を誓い合った2人なのに、どうして今こんな状態になっているのだろうと冷静に2人の事を見ることができるのだそうです。
それに大勢の人の前で愛を誓いあった手前、簡単に別れるという結論を出しにくいという建前の気持ちまで働いて心にブレーキがかかるそうです。
本来、結婚披露宴の意味は結婚の報告と結婚する相手の紹介、それに今までの感謝の気持ちを込めて開くのですが、それだけではない2人にとって特別で意外な意味もあるのです。
つまり披露宴を開いていない夫婦にとっては、開いた夫婦よりも引き金になるものがあまりなく、開いた夫婦よりかは簡単に離婚という結論を出してしまいがちなのだそうです。
披露宴をしたくてもお金がなくて出来なかったという夫婦は別かもしれませんが、手続きや準備、それに考えることも面倒くさいという夫婦が多い今は、確かにそれも一理あるかもしれないと思います。
人にどう思われるかが気になって離婚出来ないという意見はばかげていると思われがちですが、それでも子供にとってはかけがえのない両親が離れてしまう事を引き止める事が出来るのであれば、それは素晴らしいことだと私は思います。
スタイリッシュ・モダンな会場での結婚披露宴についてはこちらのサイトをご覧ください。